〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)
営業時間外はLINE・フォームから
アクセス
広島駅新幹線口から徒歩5分

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

なかなか眠れないという不眠のお悩み
(寝つきが悪い時の鍼灸治療の効果について説明します。)

このようなお悩みの方が来られています

  • 布団に入ってからなかなか眠ることができない
  • 薬をやめていきたいと考えている
  • 薬を飲むのに抵抗がある
  • 夢を見ることが多い
  • 途中で何度か目が醒めてしまう

入眠障害(寝つきが悪い)・熟眠障害(眠りが浅い)・中途覚醒(途中で目が覚める)・早朝覚醒(朝早く目が覚める)などの睡眠障害に効果的です。

 

不眠症・睡眠障害とは?

不眠症とは寝つきが悪い・眠っても何度も目が覚めてしまい熟睡できない・・などの症状が度重なり慢性化している状態をいいます。日中に眠たくなったり集中力や記憶力も落ちるので、受験生や仕事に影響も出ます。でも日中に寝ようとしても眠れません。眠気があるけど寝れないのです。眠れない状況により寝つきが悪い 入眠障害夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒、朝早くに目が覚めてしまう早朝覚醒や眠っているはずなのに気がせずスッキリしない状態の熟睡障害などに大別されます。現在では日本人の5人に1人が睡眠の質や時間に悩みを持っているほどですので、当院でも相談件数もかなり増えてきているのが現状です。

原因は大きく3つに分けられます。

1.ストレスなどの精神的な要因

2.長時間デスクワークといった環境的な要因

3.喫煙、筋腫、運動不足といった身体的な要因

主に上記3つの要因が安眠のバランスを崩してしまいがちです。更にこれらは睡眠障害によって更なる加速をみせ、睡眠の質低下→生活の質低下→睡眠の質低下・・・・と悪循環に陥ってしまうパターンは珍しくありません。不眠・睡眠障害によって睡眠の質が下がり続けると、身体の回復力が落ちているため、一度の睡眠で疲労の除去が十分に行えず、日を追うごとに疲労の「ツケ」のようなものが蓄積されていってしまいます。

原因の2で挙げた環境的な要因では、スマートフォンのブルーライトによって脳が休めない状態に陥ることも最近は主流になってきています。また睡眠障害によって自律神経失調症になる方も多く来られております。それとは反対に自律神経の不調が由来して不眠の悩みを抱える方も少なくはありません。

 

不眠の悩みを解決する鍼灸治療とは

不眠の悩みを解決するうえで大事だと思っているポイントを説明します。

  • 不眠の鍼灸治療について
  • 自律神経と不眠の関係について
  • 心と身体のつながりについて
  • 自律神経失調に関して

不眠の鍼灸治療について

鍼灸は怖くありませんか?

不眠に対してどのような鍼灸治療を?

上記にもあるように、睡眠障害とはその人それぞれの生活によって原因が全く違ってくるため、カウンセリングで見極めた症状の原因を鍼灸と整体によって整えていくことを目的としています。そのカウンセリングによって自律神経も支障が及んでいる場合は鍼灸治療で、疲労回復のみならず交感神経の抑制、副交感神経の活性化を目的とした鍼灸治療で改善をしていきます。

まずは睡眠のポイントでいうと、脳の疲労の回復になります。脳の疲れを取りために、頭部や首によく効くツボを選びます。場所的には足首や足裏や手首周辺にあります。リラックスした感じで治療していく事で、眠りが改善していきます。改善したと同時に、今までの原因であったストレスやリズムなどの改善、そして副交感神経が優位になるようなる様なリラックス法を、適宜組み合わせることで、さらなる改善ができるとおもいます。

最終的には首コリをメインとした月1くらいのメンテナンスがおすすめです。また必要な方には漢方などを併用して、患者さん一人一人にあった治療法を選択していきますのでご安心ください。

 

自律神経は正常なのか?

自律神経は動いているのか

自律神経が正常なのか、異常なのか

日常生活を不摂生にすごし、睡眠不足とか、食生活の乱れや精神ストレスが多くありそれでもって不眠・睡眠障害とかいわれて自律神経失調症だということで来院される方がいます。

でも実は、自律神経正常なのです。それだけ悪いことしていればしんどくもなりますよ~~~~。その場合は生活を正すようにしながらリラックス治療をすればすぐによくなるでしょう。

ですので自律神経異常というのは・・・

・すごく不摂生をしているのに特別なにも症状がでない方

(実は一気に病気になるケースが多く例えば突発性難聴とか顔面麻痺や円形脱毛や無月経や不眠症やうつ病などに突然になることもあり注意がいります。)

・ほとんどストレスというストレスがないのに症状がでるかた

(過敏な患者さんに多く見られまして、いろんな環境の微妙な変化などについていけません。大病にはなりにくいですが病気ガチであったり、風邪を引いたりとか多いです。もちろん冷え性の方に多いです。体質が弱い傾向がありますし、日常生活の改善が必要な方に多いです。)

 

心と身体のつながりについて

心も身体も元気ですか?

心と身体に出る症状とは具体的な症状のでかたと病名は?症状は主に2パターンあります。

心にでる場合

元々は喜怒哀楽などの心の変化は大脳辺縁系が脳の視床下部を通じて自律神経に信号を与えます。でも逆に自律神経のバランスが崩れると大脳辺縁系に影響が及びイライラや不安などが現れます。具体的には、パニック障害、おちこみ、イライラ、不安、集中力記憶力低下、眠りにくいがあります。

身体にでる症状

自律神経は身体のあらゆる器官につながっているので乱れるといろんなところに症状をだします。ほとんどはその人の弱いところにでることが多いのも特徴です。だるい、疲れやすい、不眠、眠気、食欲不振、ほてり、耳鳴、疲れ目、便秘下痢、冷え性、生理不順口の乾き、のどのつまり、動悸、めまい、発汗異常、肩こり腰痛、胃の不快感など・・・・

病名にはパニック障害を含めて以下のようなものがあります。特定の臓器や器官に強い影響を及ぼすとその場所によって病名がつけられます。緊張性頭痛、過敏性腸症候群、蕁麻疹、円形脱毛症、過呼吸、メニエール、膀胱炎、冷え症、低体温症、不整脈、喘息、更年期、つわり、マタニティブルー、月経前緊張、パニック障害、不眠症などがあります。

当院でもまずは専門医への受診をすすめています。まずは気になる症状がその原因があるかどうかを西洋検査により調べるのが先決です。過去には甲状腺の病気があったり膠原病であったり癌の初期症状であったケースがありました。検査にて異常がない場合は鍼灸にて治療可能ですが、あまりにも精神症状が強い場合は鍼灸より先に神経内科への受診をすすめます。

薬などで調整してから残りの症状を鍼灸にて緩和するほうが良い場合もありますので、まずはメールか電話にてお聞き下さればいいでしょう。鍼灸治療ではまずは身体症状を軽快させていくことがポイントです。ほとんどは身体症状がとれると自律神経が安定する場合がありますが、仮面うつ病のように身体症状を強く訴えていてもその裏には精神症状が隠れている場合もありますので注意は必要です。基本的には頭や首の硬結をとることが改善のポイントです。そして血流が改善して冷え性の改善にもつながっていきます。

 

自律神経の4つのタイプとは

自律神経失調とは?

自律神経失調の4つのタイプについて、自律神経失調症のタイプには以下の4つがあります。

1、体質タイプ

生まれつき自律神経の働きが悪く低血圧や立ちくらみのあるかたや虚弱体質など。具体的な症状では胃腸が弱い、乗り物酔いしやすい、寝つきが悪い、環境が変わると寝れない、生理が不順、冷え症で低体温、便秘がひどい、疲労が強い、季節の変わり目に体調を崩しやすいなどがあります。

2、ストレスタイプ

ほとんどがこのパターンであり日常生活のストレスが原因。感情を抑えたり肉体疲労が蓄積していき発症していきます。具体的には子育てに不安、環境が変わる、睡眠時間が短い、家庭に問題がある、人間関係のトラブル嫁姑問題、結婚妊娠出産不妊などの問題、転勤や引越しなどがストレスになる場合があります。

3、鬱病タイプ

慢性的に鬱病をもっていて几帳面で完璧主義者に多い。具体的には休養がとれない、不規則な生活、睡眠不足、過労、冷暖房好き、パソコン関係の仕事、運動不足、感情を抑える、人づきあいが苦手、きりかえが下手などがあります。

4、パニック・ノイローゼタイプ

心理的な不安や葛藤などから機能を乱していく。神経質な場合が多い。夢を見る方が多い。もしかしたらあなたの体調の悪さや冷え性は自律神経が関係しているかもしれません。病院にて検査済みの場合はぜひ東洋医学によって問題を解決して下さい。逆に言えば、冷え性がひどいと、自律神経はみ出されやすいとも取れます。冷え性が治らなくてもいいのですが、毎日面倒ですが少しでも温めてあげて、自律神経が働きやすい環境を作ってあげるのが病の改善に非常に役立つのです。

 

広島で不眠の鍼灸治療をお探しの場合は


 

院長の岩崎です。
あなたのお悩みを解決します!

当院では不眠で自律神経が乱れてでる症状で来院されます方が非常に多いです。自律神経が乱れておこる病名で言いますと、

・自律神経失調症

・うつ病

・パニック障害

の3つに大きく分かれております。自律神経とは体を助けてくれる非常に大事なポイントなのですがストレスや忙しさなどでリズムが崩れることで本来は体を助けるものが体をいじめるという働きを出すようになります。もともとはそれで現在の異変に気付けますのでそれも必要な能力になるのですが

・どうしても今のリズムをかえれない

・体が鈍感で悲鳴に気付かない

・信号をいいものだと知らず不安になる

・体の不調を病気だと思い病院めぐり

をしているという方が多いです。

このようなケースではまずは原因を知ること、リズムを崩す要因を知ることが大事です。という事は自律神経というのは味方なんですが悪い生活などをしていると敵にもなったりするんですね。自律神経失調症とか言いますが自律神経過敏症とか自律神経正常症かも知れませんね。

当院ではそういう自律神経が鈍感に、過敏に働いた状態をさまざまな手法で平均化する治療法を提案しておりますので、お気軽にお問い合わせおまちしております。

これと同じ考えでもあるのですが冷え性も、ずっと温かくなりたいとなると、逆にのぼせ体質になり、寝つきが悪くなったり、足の裏が熱くなったり、喉の渇きが強くなったりするので必ずしもいいとは言えません。目指すのは今の冷え性よりは温かい冷え性になるのが理想です。そこが、自律神経やホルモンもバランスが取れて身体の調子が良くなったりするのです。

 

不眠に悩んでいる患者さんの声

ここでは不眠で悩んでいる患者さんの声をご紹介します。

不眠のお悩み 担当女性スタッフ

久しぶりにじっくり眠れました

あれだけ眠れなかったのですが

私はなかなか寝れなくていつも困っていました。

薬に頼るしかなくて最後には薬を飲んで寝るという生活をしています。でもいつまでも薬に頼っていたくないと思い何か方法がないかと探していたら自律神経が問題だとわかりました。

自律神経を調整するためにヨガに通ったり、腹式呼吸を心がけてみると少しは寝れるようになりましたがなかなか熟睡はできないで困っていました。そんなときに友達から鍼灸がいいよといわれてここに決めたのですが、女性の先生がいたので安心してうかがうことができました。

先生はじっくりとお話を聞いてくれる優しい先生です。それだけでもおちつけたし、なにより針は痛くなかったのがおどろきました。よく眠れるツボとして足裏にお灸をしてくれましたが気持ちよくてぽかぽかしました。

その日は久しぶりにじっくり寝れました。先生からはがんばりすぎていると指摘を受けてもうちょっと適当がいいですよといわれたので今考えると寝ることを一生懸命にしていたようです。今は眠くなったら寝ています。

 
ナルコレプシーのお悩みに 担当院長

薬を飲むのを忘れるときもあります

優しい対応に癒されました

以前ここに勤めていた先生が独立してそこに行っていた私の友達からこちらの本院のほうがいいかもと言われ迷いましたがこちらに来てみました。

こちらの院は広島でも有数らしくて安心して通えました。私の病気は珍しく、よく生仮病とか、眠り姫といわれました。

何とかしたくてこちらに通いはじめました。自律神経には針がいいみたいで確かに体調も良くなりました。

昼眠たくなる症状も以前は薬が絶対に手放せなかったのに、最近は忘れてしまう時もあります。鍼灸をすると調子いいので今後もお願いしたいと思います。

 

不眠のお悩みに 担当女性スタッフ

長年冷え性で悩んでいました

とても心地よかったです

以前京都で悟空の気持ちという頭ほぐしのお店に行ったことがあってそこで頭をほぐしてもらったら一気に睡魔に襲われた経験がありました。

私はもともと不眠でどうしようもなかったのであの時の感動は忘れられません。

広島では悟空の気持ちはなかったので、何か代用できないかと考えて探していた時に、中区でスカルプ鍼灸というのをみつけてうけましたが自分には合わなかったようであきらめていました。

そんな時にこちらのお店を知りました。1回目に美容針をうけましたが効果は実感したものの不眠は解消されなかったので先生に相談したところ、頭ほぐしをしてみる?ときかれ、興味津々のわたしはすぐにのりました。

効果はありました!!悟空の気持ちのやり方ではないけど、私にとっては寝れればいいので。不眠にお悩みの方おすすめします。

 

自律神経失調症のお悩みに 担当院長

気分の落ち込みが消えました

リラックスできました

自律神経失調症を発症を繰り返して、また休職1か月。精神科通院、服薬を続けてはいるものの、なかなか意欲喪失から抜け出せず苦しんでいた時、偶然、松鶴堂鍼灸院のホームページを発見。何か感じるモノがあり、藁にもすがる想いで連絡をとりました。その日のうちに診てくださいました。

その時の精神状態もあり、上手く状態を説明出来なかったにも関わらず、信頼出来る雰囲気と院長先生が丁寧な施術をして下さり、その日から何故か気分の落ち込みがみるみる消えていきました。次の受診日以降は結構頻繁に通わせて頂き、自律神経の方は安定し、復職の道のりが出来ました。治療の途中で膝や足首の痛みや、足の冷え性等の別の患部を伝えても、すぐに対応して下さり本当に頼りにしております。院長先生スピーディな動きと淡々とした口調なので一瞬とっつき難い人かと思いましたがとても優しい良い先生ですよ。

 

過眠症・昼に眠たくなるケースでは

過眠症のことはナルコレプシーともいいます。

緊張状態でも眠りに落ちてしまう喜怒哀楽で強く感情が動いた時に脱力睡眠時に現実感の強い幻覚を見ることです。ナルコレプシーとは、睡眠障害の一種でREM睡眠(簡単には夢を見ている時の睡眠です)の起こりやすさ、REM睡眠への移行しやすさを特徴としています。入眠後すぐにREM睡眠に移行するという特徴はナルコレプシーの診断基準にもなっています。

日中の耐え難い眠気や、自分でも気付かないうちに一瞬の眠りに落ちているといった症状は、覚醒状態にREM睡眠が挿入してくる状態であり、寝入りばなに悪夢のような状態に襲われる状態や金縛りにあう症状も、REM睡眠への移行のし易さを表していると考えられます。

また特徴的な症状として、感情の動き(喜び、驚き、悲しみ)を感じたその瞬間に脚に力が入らなくなったり、瞬きがしづらくなったりといった状態になることも挙げられます。ナルコレプシーの原因について全てが明確になっていないため、根本そのものを治療するという事は実現されていません。治療法の発見にはまだ時間を要すると思われます。十分な睡眠を確保した上で、眠気を覚ますためのケアを施しつつも、眠気に耐えるというのが現状となっています。

睡眠の質を上げるために鍼灸治療が特に有効であり、鍼灸治療には全身の体温や血流量を調節する働きがあります。これらを調節することで、同じ睡眠時間でも疲れの取れ方が格段に違ったり、眠気を過度に感じないようにする治療にもつながります。一部の患者さんでは、治療により眠気が軽減する方もいます。

日中の眠気が睡眠の質を低下させるというデータもあるため、なるべく寝るべき時間にしっかりと寝る体質づくりを行っていきます。ナルコレプシーについてお悩みの方はなんでもご相談いただければと思います。

脳を覚醒するための治療を目的にツボとしては頭や指を使っていきます、当院に来られる前に病院での検査をお願いしています。数回の治療で治るものではないので長いスパンをみて治療をうけてもらうと効果がでてくると思います

女性の様々なお悩み、お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
082-264-7724
営業時間
10:00~19:00(電話受付は10:00~17:00)
定休日
なし

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分 駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)

定休日

なし